住宅控除を利用して賢く家を建てましょう

確定申告ってなに?

確定申告とは、その年の1月1日から12月31日までの収入・支出、医療費や家屋の新築・増改築・売買、盗難や火災、寄付、扶養家族状況などから所得を計算し、申告書を税務署へ提出することで、所得税額を確定することをいいます。個人事業主の場合や年金生活者などは、収入と費用を自分で計算して確定申告を行う必要があります。通常、サラリーマンの場合は、給与から所得税、住民税が天引きされていますので、通常は確定申告を行う必要はありません。納めすぎた税金があっても生命保険料などの控除は年末調整で帰ってきますので税務署に行くこともあまり無いと思います。しかし住宅ローンを利用して購入した場合や、高額な医療費(20万円以上)を払った場合など、納めた税金から控除額が帰ってくる場合がありますので、まずは税務署で相談してみることをお勧めします。確定申告の時期は、例年2月16日から3月15日までの一ヶ月間ですが、2009年は2月16日(月)から3月16日(月)までです

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。